サイトオープン記念! オンラインミートアップ

サイトオープンを記念して、スペシャルゲストをお招きし開催します! ニューヨークの小学生たちが大人や市を動かした実話に基づく映画「マイクロプラスチックストーリー~ぼくらが作る2050年」のメガホンを取られた佐竹敦子監督を迎え、社会まるごとで取り組む共創についてインタラクティブに進行します。参加費:無料 ※ご参加の前に、映画をご覧ください。10月16日夜~25日まで限定にて、お好きな時間、場所にて無料視聴できる特設URLをご用意しております

Registration is Closed
See other events
サイトオープン記念! オンラインミートアップ

Time & Location

2021年11月09日 10:00 – 11:30

オンラインイベント(ZOOM)

About The Event

※参加申込みの方に、当日のログインURL及び特典として映画の無料視聴URLをお願い致します(映画は10月16日夜~25日までの限定配信)

【タイムテーブル】

10:00 オープニング「Welcome!GBCサイトへ」

10:05 佐竹敦子氏スペシャルトーク

10:20 ワークショップ・アイデアソン 「子どもたちのアクションを活かす共創」

11:00 レビュー!GBCプロジェクト「CITIZEN L(シチズン エル)」

                   「ライフチューニングデイズ」

                      「小田急WOOMS」

11:21 今後のイベントシェア

11:26 クロージングトーク

※予告なく当日の進行が変わることもあります

【映画「マイクロプラスチックストーリー~ぼくらが作る2050年」とは】

ニューヨーク、ブルックリンの5年生たちが世界的に大きなプラスチック汚染問題を学び、彼らの視点でこの問題の根幹が何かを問いただし、解決に向かって自分たちのコミュニティーからアクションを広げて行くまでの2年間を追った長編ドキュメンタリー。

ニューヨーク市、ブルックリン区のレッドフック地区は過去に大型台風で影響を受けた、気候変動のフロントラインにある。そこにある小学校、PS15 の5年生は、4年生からの2年間、ニューヨークのNPO、カフェテリア・カルチャーの主導によるプラスチック・フリー特別プログラムでリサーチやデータ収集を重ね、それを市議会で公表したり、自分たちの住む地域で啓発活動を重ねていく。そしてプラスチックはごみになってからだけでなく、生産の過程でも地球環境を汚染していること、そしてそれが気候変動に関わっていることを発見し、自分たちの学校のカフェテリアでアクションを起こし、それをニューヨーク市全体に広げて行く。

映画では子供達の素朴な疑問を丁寧に重ねていきながら、専門家がそれに答えて行き、そしてアニメーションをふんだんに使ってこのプラスチック汚染問題を子供から大人までわかりやすく解き明かして行く。子供達のまっすぐな熱意から希望が滲み出るマイクロプラスチック・ストーリーは世界の30の映画祭に選定され、6つの賞を受賞している。

【佐竹敦子氏プロフィール】

環境活動家・ドキュメンタリー映像作家

現在ニューヨークを拠点とするNPO団体カフェテリアカルチャーにてメディアディレクターをつとめながら、合衆国環境保護庁やニューヨーク市教育委員会と密接に活動、低所得者層地域の小中学校に出向いて環境教育を行いながら、子供達や地域の方々を巻き込んで、映画やビデオの制作をしている。

共同監督した映画「マイクロプラスチック ・ストーリー 〜ぼくらが作る2050年」(原題:Microplastic Madness)はニューヨークの5年生たちがプラスチック汚染問題に立ち向かう2年間が希望に溢れたトーンで描かれており、世界の映画祭で7つの受賞を果たし、37カ国で上映されている。現在日本語吹替版を制作中。全国から子役声優を募集し、その子達をプラスチック削減アンバサダーに認定、今後もアンバサダー達をベースに日本でも活動を広げて行く予定。

Share This Event