世界初のサーキュラーデパート

さまざまなファッションブランドが揃うデパート。便利さはあるものの、地域や環境へのサステナビリティに配慮されたブランドを選ぼうと思うと、なかなか揃っていないことがほとんど。結局、個々のブランドのサステイナブルな取り組みを調べてから店に行くという人も少なくはないようです。


そんな悩みを一挙に解決する、世界初サーキュラー・デパート「TOMO」 が2022年9月にオランダ・ユトレヒトにオープン。「人と地球を愛する、すべての人のサステナブルショッピングを当たり前にすること」をミッションとするTOMO。

取り扱う商品はファッションから家具、化粧品などのライフスタイル商品まで幅広く、ハイエンドなヴィンテージ商品や、洋服のレンタル、サブスクリプションサービスも取り揃えています。また修理ワークショップが開催されたり、サーキュラーレストランも併設されたりします。

商品は環境やアニマルウェルフェアなどに配慮するだけではなく、できる限り、サーキュラリティー(循環性)を確保したものを取り扱っています。たとえば、家具や建物には、何度でも交換可能で長く使える素材を使用したり、リサイクル素材からつくられた商品を優先して取り扱ったり。

さらには、購入者に対し、できるかぎり商品を長持ちさせるための方法を紹介し、使用後の商品のリサイクルまで受け付けています。サステナブルでサーキュラーなライフスタイルを購入から使用時、そして手放す時まですべてサポートする、ということです。


創設者のマージャン・ハーセホフさん自身、美しいファッションやライフスタイルが好きなものの、サステナブルな商品を見つけるのに苦労したことから、今回のデパート創設を思いついたといいます。TOMOのウェブサイトやSNSをみても、サステナビリティを追いつつも、高いファッション性もあきらめない、ワクワクするような商品があふれているのです。


デパートの名前であるTOMOは、ブランドメッセージである、“Forever taking care of TOMOrrow(永遠に明日を大切にし続ける)”からきている。また、日本語の「友」も意識されており、地球、そして商品の製造にかかわる人も「友」として配慮していきたい、としています。

TOMOは、ユトレヒト循環イノベーショントップ20​​のオーディエンス賞を受賞するなどオープン前からすでに高い期待を集め、循環やサステナビリティをコンセプトにしたデパートの誕生が、今後どうマーケットや消費者に変革を起こしていくのか、世界が注目する取り組みなのです。 https://www.tomo.nl/

https://vimeo.com/672796831

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示